merryの徒然日記

merrydairy.exblog.jp

旅が好き。一眼レフを片手に今日もどこかで....(夢ですね)

ブログトップ

なまはげの郷 男鹿半島へ

翌日は男鹿半島観光
a0207736_1312263.jpg




男鹿半島といえば、国の重要無形文化財の「なまはげ」
なまはげを神様として祀、また、なまはげゆかりの地として山岳信仰の霊場となっている「真山神社(シンザンジンジャ)」で、神主さんの説明を受けました。
a0207736_13123766.jpg

予断ですが、本来は本殿周辺は木々でうっそうとしていたのですが、十数年前の通称「りんご台風」の際に薙ぎ倒されてしまったそうです。しかし、災い転じてではありませんが、倒木を利用して神楽殿が再建できたそうです。
a0207736_131322100.jpg
本殿裏の伝承館にて、実際のなまはげ体験。
「先立(さきだち)」という役目をする者が事前に家の主人にナマハゲを入れても良いか否かを確認する。先立の合図を確認すると、ナマハゲに扮する二人の若者はウオー!という奇声と共に乱入する。
まず家に上がりすぐにシコを7回踏む。
「ナマケモノの匂いがする」「ナマケモノはいないか!」などと、荒荒しい奇声を上げ畳を強く踏みしめながら歩き回る。そして、その家の主人が荒れ狂うナマハゲをなだめて丁重にもてなしナマハゲにお膳を添える。
ナマハゲは添えられたお膳に座る前に5回シコを踏む。ウオー!ウオー!と唸っているナマハゲに主人は酒肴をすすめる。
主人とナマハゲとの間で様々な問答が交された後、ナマハゲは来年も豊作であるよう祈願し、再び立ちあがり3回シコを踏みまた歩き回る(HPより抜粋)
a0207736_1313504.jpg
結構な迫力で、いきなり小屋の戸をダンダンと叩かれた時はビックリしたし、室内を回っている時も、田舎の家の造りだから、いきなり予想しない所から出て来られたりして、子供や赤ん坊が泣き出すのが分かる!
a0207736_13142183.jpg
なまはげ、と言っても70ほどある集落によって面はさまざま。門外不出のため、観光用に鬼の面を使用しているのが、一般的になっているんだそうです。
a0207736_13145946.jpg

ここで体験できるのは、真山地区の古くから伝わる角のないなまはげで、シコを「七・五・三」踏むという男鹿真山のナマハゲ独自のしきたりです。

なまはげの郷をあとにして「入道崎」へ
a0207736_13255360.jpg
1898年(明治31年)に建造された入道埼灯台で、白黒対称の縞模様が一際目を引く岬のシンボルです。
a0207736_13155525.jpg
手前の大きな岩からモニュメントを隔てて、一直線に岩が並んでいるのが分かりますか?
北緯40度上にあることから、それを印した安山岩のモニュメントが配置されています。

最後に、「マール」(噴火の後の爆裂火口に地下水がたまり形成された湖)と呼ばれる世界的にも珍しい火山湖が見られる「八望台」へ
a0207736_1318395.jpg
一ノ目潟。遠くには白神山地まで
a0207736_13182369.jpg
二ノ目潟、左下には三ノ目潟がありますが、見えません。正面に見える戸賀湾は四ノ目潟ではないか?と言われています。

男鹿半島もまだまだ見所がある様ですが、残念ながらこれにて観光終了。
また、ひたすらバスに揺られて約9時間の帰路となります。

先日の下北半島に続いて、東北の行って見たい場所を好天の下、楽しむ事ができました(^^/
[PR]
Commented by たーや at 2011-09-05 00:19 x
こんばんは♪
何も言うことはありません。
ただただ、感服です。バスの旅、お疲れ様でしたね。
行ってみたい場所に、これほど精力的に行かれるパワー。
ちょっとは見習いたいと思います。
merryさん、あなたは何処まで行かれるのか?
バスが走れば何処まででも行ける気がしました。
近畿からはさすがに遠い東北なり。
Commented by y_merry at 2011-09-06 22:59
たーやさま
旅の虫がうずくと止まりません。
「行きたい!!」という衝動だけで動き、いつの間にか....って感じです(^^;
世界の果てまでどこまでも!!
最後は、南極を目指していますから(^^v
Commented by ともっぺ at 2011-09-07 10:07 x
実際になまはげの神事が行われるのはいつだった
かしら~?
子供達が泣きわめく様子をTVで見たことがあり
ますが。
そんな時に見てみたいですね。
お面がこんなに種類があるとは知りませんでした。
それぞれ違った表情をしていて面白いですね。
Commented by y_merry at 2011-09-07 12:29
ともっぺさま
TVで子供達が大泣きしているシーンがよく映し出されていますよね。
昔は、小正月の1月15日でしたが、現在は大晦日に行われています。
観光用の鬼は恐い顔ですが、展示してあったそれぞれの面は、
比較的穏やかな顔が多くて、ちょっと意外でした。
by y_merry | 2011-09-04 13:28 | 旅行 | Comments(4)