merryの徒然日記

merrydairy.exblog.jp

旅が好き。一眼レフを片手に今日もどこかで....(夢ですね)

ブログトップ

源平合戦の古戦場 〜屋島〜

祇園精舎の鐘の音、諸行無常の響き有り
時は平安時代末期、当時栄華を誇っていた平家の総領、平清盛が没すると、源氏側は一気に攻勢を強め、源平合戦はいよいよクライマックスへ突入!!
壇ノ浦の戦いで平家が滅亡(落人伝説は各地に残りますが)したのは有名な話ですが、それまで戦の中心は瀬戸内。
その一つである、屋島の古戦場跡を見て来ました。




【屋島】
高松市中心部から約8Km。波穏やかな瀬戸内海にテーブルのような台地を突き出し、江戸時代まではその名の通り「島」だった。
安山岩より成る溶岩台地で,浸食によりメサ(テーブル状の台地)を形成しており,標高293メートル、瀬戸内海随一の眺望を誇る。
a0207736_044528.jpg
古戦場跡と言っても、今は面影もなく、展望台にある説明を見てどこがどこだったか確認するのみ

この屋島の戦いで有名なのが『平家物語』の名場面、「扇の的」
夕刻、休戦状態となると、平氏軍から美女の乗った小舟が現れ、竿の先の扇の的を射よと挑発。外せば源氏の名折れになると、義経は手だれの武士を探し、那須与一を指名した。
与一は弓を構え神仏の加護を唱え、鏑矢を放った。矢は見事に扇の柄を射抜き、矢は海に落ち、扇は空を舞い上がった。

a0207736_0443589.jpg
屋島寺
天平勝宝のころ鑑真和上によって開創されたと伝えられるお遍路さん、四国八十八ヶ所霊場の第84番札所。この日もたくさんの巡礼者がお参りしていました。
a0207736_0451428.jpg
お寺の敷地の中にあり珍しく、狸が親子が祀られている「蓑山大明神」
これは、四国狸の総大将「太三郎狸」と呼ばれる土地の氏神で子宝、縁結びや家庭円満などの神様
ふふふ、なんだか微笑ましくて可愛いぞ!!
a0207736_0453194.jpg
たくさんの狸が.....と思い、鳥居をくぐって行くと
a0207736_0455014.jpg
なんと!!祀られているのはお稲荷様(狐)。狸が狐に化けたのかな?狸と狐の化かしあい
a0207736_046764.jpg
七福神さんも祀られていました。敷地内、何でもありか?
a0207736_0462531.jpg
屋島から見た高松市街地

今回は撮影と観光を兼ねた瀬戸内の島と四国(香川県)初上陸の旅です。
少々長くなりますが、お付き合いの程、よろしくお願い致します。

旅行期間:9月23日~26日

[PR]
Commented by miifaiyu at 2011-10-04 20:28
リクエストの屋島、楽しかった〜!!
ありがとう〜!!
Commented by y_merry at 2011-10-06 11:48
楽しかったねぇ~
また、どこか行こう!!
by y_merry | 2011-10-02 17:36 | 旅行 | Comments(2)