merryの徒然日記

merrydairy.exblog.jp

旅が好き。一眼レフを片手に今日もどこかで....(夢ですね)

ブログトップ

鬼退治へ鬼ヶ島 ~女木島~

桃から生まれた桃太郎は、お婆さんが作ってくれたきびだんごを持って鬼退治に
途中、犬・猿・雉子を従え鬼ヶ島に向かい、無事鬼を退治して、財宝を郷里に持ち帰ってお爺さんお婆さんと幸せに暮らしました。
随分、端折ってしまいましたが有名な日本の物語「桃太郎」




a0207736_1624671.jpg
高松からフェリーで約20分。その鬼退治の舞台となったといわれている島「女木島」へ
a0207736_1632579.jpg
可愛い鬼が道しるべとなって案内してくれますが、鬼退治の舞台になった洞窟はバスにて連絡(徒歩やレンタルサイクルでもOKですが、かなり上ります)
a0207736_1643791.jpg
バスの到着に合わせて洞窟内は地元の方の案内が付いてくれます。

桃太郎の話はいろいろなとこで伝説や逸話が残っていますが、洞窟の案内には学問の神様、菅原道真がこの辺りの国守として赴任してした際に、執筆したのが始まりとされています。桃太郎にもモデルがいて、第七代孝霊天皇の第8皇子稚武彦命(ワカタケヒコノミコト)が、当時、瀬戸内海で猛威を奮っていた海賊を征伐しにきた時の事がモデルとなっています。
a0207736_1692875.jpg

a0207736_1694527.jpg
鬼と握手しているが、退治されてどこかに退散しちゃったのではなかったか?
a0207736_1610342.jpg
再びバスで港に戻りお昼へ
古民家を改装した小洒落たレストラン。この微妙な椅子の高さが丁度良かった
a0207736_16105458.jpg
2010年に行われた瀬戸内芸術祭を機に、高松港周辺の島々ではアートを繰り広げてネットワークをつくっています。
その一環で、こちらのレストランの庭でも。
少し分かりにくいかもしれませんが、白い石が敷き詰められた石庭に足跡が浮かんでは消えています。
a0207736_16143987.jpg
港ではたくさんのかもめ、と思いきや作り物。並んでいる姿を撮りたかったのですが、風向きの影響でなかなか思う方向に向いてくれません
a0207736_16151042.jpg

a0207736_16153332.jpg
帆船に見えるのはピアノです
a0207736_16161222.jpg
海に向いていませんが、最初に迎え入れてくれるモアイ像。
こちらは、発見当初倒れていたイースター島のモアイ像を起き上がらせるシミュレーションをする為に作られたレプリカが寄贈されたものです。
a0207736_1617349.jpg
島の集落には,民家の屋根まですっぽり覆うほどの高さの石垣「オオテ」が防風防潮用に築かれ、独特の島風景を描きだしています。

旅行期間:9月23日~26日

[PR]
Commented by むっちゃん at 2011-10-04 22:03 x
merryさん、どんどん写真が良くなりよる気がするばい。モアイとか前の記事のタヌキとか、人形や置き物が好きなんやね(笑)。
Commented by kirafune at 2011-10-05 06:22
鬼が島に鬼退治に行っちゃいましたか!
いいお天気でしたね。
空の青さが清々しいです。
Commented by y_merry at 2011-10-06 11:50
むっちゃんさま
ありがとうございます。
置物は、動かないから楽なんです。
.....むっちゃんさんみたいに、虫にカメラは向けられないので(^^;
Commented by y_merry at 2011-10-06 11:51
kirafuneさま
鬼退治まで行って来ちゃいました
旅行期間中は天気にも恵まれ、少し暑いくらいでした。
by y_merry | 2011-10-03 23:16 | 旅行 | Comments(4)