merryの徒然日記

merrydairy.exblog.jp

旅が好き。一眼レフを片手に今日もどこかで....(夢ですね)

ブログトップ

寸又峡と大井川鉄道

紅葉を見に、日帰りバスツアーに参加

静岡県中部に位置する寸又峡は、大井川支流、寸又川の峡谷で全長16kmで、比高は100mに達する。
a0207736_15234794.jpg
寸又峡温泉を抜け「寸又峡プロムナードコース」を歩いて散策です
プロムナードコースは一般車両禁止。写真はコース入口にある「天子トンネル」です。



「寸又峡」といえば、渓谷に掛かる吊り橋「夢の吊り橋」で有名。
a0207736_15282333.jpg
大間ダム湖にかかる延長約90m、高さ約8mの吊り橋。その名称については、夢に出そうな幻想的な橋という意味の他に、渡るのが怖くて夢に見そうな橋という意味もあるそうです。
また、橋の中央で女性が恋の祈りをすると叶えられるとか?(女性だけなのかな?)

高所恐怖症の上に「揺れ」が嫌い。だけど「この景色がみられるなら」「せっかくここまできたのに!!」という思いが強いと何故か行ってしまう私。
今回もそんな思いはあったのですが、行楽シーズンは一方通行のため橋の前まで行って断念し、引き返す事ができない上に、連れが私の上をいく恐怖症のため、今回はこうして上から眺めるだけにし、上流の「飛龍橋」へ
a0207736_15371344.jpg
深い渓谷に架かるアーチ型の鉄橋で、高さは100mあります。ここへはかつて森林軌道のトロッコが走っていました。
a0207736_15435265.jpg
高さ100mあるだけあって、橋から下の渓谷を覗いた時は吸い込まれそうでした
a0207736_15384735.jpg
a0207736_1540658.jpg
そしてもう一つの観光名所「大井川鉄道」へ(駅は奥泉駅です)
大井川鉄道は大井川本線と井川線があり、大井川本線は蒸気機関車 (SL) の動態保存、井川線は日本唯一のアプト式鉄道として知られています。
a0207736_15514087.jpg

a0207736_15515414.jpg
レトロな雰囲気を醸し出す車内
a0207736_1552489.jpg
次のアプトいちしろ駅にて、日本の鉄道では一番の急勾配を登るために、歯車を持つ機関車(アプト式)を一番後ろの車両に連結します。
車内放送を受けて後ろを振り返ると、それなりの勾配を登って来たのが分かりました。
次の中島駅では反対行きの車両が待っていて、私たちが乗ってきた車両から連結を外し、逆に前の車両に連結して下っていきます。
a0207736_21403730.jpg
9月に上陸した台風15号の影響で、ダム湖に流木などが散乱状態。普段はエメラルドグリーンのきれいなダム湖ですが、ちょっと濁っていて残念。
a0207736_21461378.jpg
ダム湖上にある「奥大井湖上駅」
ホームには幸せを呼ぶ鐘「Happy Happy Bell 風の忘れもの」や恋人たちの愛を誓う「愛の鍵箱」があります。また、駅へと続くレインボーブリッジを渡って、接岨峡温泉駅までハイキングを楽しむことができます。
a0207736_21493877.jpg
接岨峡温泉駅
この先にもまだありますが今回はここが終点で、ツアーの終わりでもあります。

寸又峡の紅葉は少し早かったみたいですが、1度来て見たかった場所をまた一つ制覇。しかし実は今回、7:00に東京を出発したのですが途中、渋滞にはまり到着が大幅に遅れたため、寸又峡も温泉街もゆっくり散策できなかったし、大井川鉄道も予定していた時間に乗れず。とちょっとしたトラブル!?もありましたがので、今度は温泉街に宿泊してゆっくりと来てみたいです。
撮影日:11月12日

[PR]
Commented by ともっぺ at 2011-11-21 10:44 x
merryさんも行かれたとは、偶然ですね。
吊り橋を渡って、恋のお祈りができなかったとは
残念でしたね~。
大井川鉄道井川線にも乗られたのですね。羨ましいなぁ。
私は道路から井川線の列車を撮りましたよ。
レインボーブリッジも渡りたかったのですが・・
ハイキングをしたということは、私が撮影をして
いた所を通って行ったかもしれませんね。
Commented by y_merry at 2011-11-23 15:20
ともっぺさま
(^^; たとえ渡れてもお祈りできる余裕があったかどうか...
大井川鉄道、乗って楽しかったですが、
私はむしろ、ともっぺさんのような写真を撮りたかったです。
今度はゆっくり行ってみたいです。
Commented by kirafune at 2011-11-26 18:34
こんばんは!
こんな山深いところへ
日帰りで?!
merryさん、どこでもドア持ってますね^^
毎回、驚いちゃいけない
と思いつつ、やっぱり
おどいています。
Commented by y_merry at 2011-11-27 15:22
kirafuneさま
あれぇ、ばれちゃいましたか?実は持っているんですどこでもドア(^^v
運転して行くこともできますが、バスツアーは乗っているだけで
目的地に行かれるので楽なんですよね。
時間の自由が利かないのが難点ですが...
by y_merry | 2011-11-20 22:09 | おでかけ | Comments(4)