merryの徒然日記

merrydairy.exblog.jp

旅が好き。一眼レフを片手に今日もどこかで....(夢ですね)

ブログトップ

遠野物語 ~民話の里を訪ねて~

前回の予告編、何も考えないで載せた写真ですが、分かりましたでしょうか?
今年のGW、実は昨年行く予定だったのですが、予約していたホテルが震災により被災してしまって、ホテル側からキャンセルされてしまったため、改めて今年「頑張れ東北キャンペーン」ではありませんが、仕切り直しで行って来ました。

向かった先は民話の里「遠野」
a0207736_2323831.jpg




【遠野市】
岩手県中南部に位置し、昔から沿岸部と内陸部を結ぶ要所として栄えた町
民俗学者、柳田國男の「遠野物語」に書かれた民話や伝説にまつわるスポットが点在し不思議な世界を思わせる

とりあえず到着後、予定の移動時間まで時間があったので、徒歩で行かれる範囲、と思い地図を片手に歩き始めました。
a0207736_2332280.jpg
道を確認しながら3.40分歩いたあとにこの階段を見たときはちょっと考えましたが.....
a0207736_23135460.jpg
愛宕神社
遠野城下町の境界に位置し、境界を守る神であるとともに火防の神としても有名。『遠野物語拾遺』には、この愛宕さんの火防にまつわる話が載っている
a0207736_2361041.jpg
五百羅漢
江戸時代に遠野を襲った大飢饉の犠牲者を供養するために彫られた500体の羅漢像
a0207736_2372180.jpg
愛宕神社の裏手の道を更に上ったところにありますが、苔むしていて羅漢像の姿がちょっと分かりにくかったです
a0207736_2373996.jpg
卯子酉様(ウネトリサマ)
古くから信仰の厚い神社で、境内の小さな池は淵のあとでここの片葉の葦に恋の願いを書いた紙を結びつけておくと願いがかなうと伝えられています。
愛宕神社の階段を上る手前、左手にあります。

次からがいよいよ遠野民話の旅の始まりです。
[PR]
by y_merry | 2012-05-09 23:17 | 旅行