merryの徒然日記

merrydairy.exblog.jp

旅が好き。一眼レフを片手に今日もどこかで....(夢ですね)

ブログトップ

トラブルトラベル

旅行記としては終了致しましたが、今回は大小、様々なトラブルにあったのでちょっと書き残しておきたいなぁ〜と
ところで皆さんは覚えていますか?
私、旅行先等を突然に変更するとろくな事が起らない、というジンクスがあるのを!!
無事に帰って来れたので、友人にも話ましたが、今回の旅行は別の旅行会社のツアーに申し込んだのですが、人数不足で催行できず、急遽、友人を誘って行ったのです。

長くなりますので、興味がある方がお読み下さい。




【成田でのチェックイン】
オーロラを撮影するため、気合いを入れて機材を持って行った私。以前に行った時はOKだったので気にもしなかったのですが、スカンジナビア航空のエコノミークラスで預けられる手荷物は1つのみ。
そう、三脚もスーツケースに入れなければならなかったのですが、既に中が一杯だったので、解体して友人のスーツケースに入れてもらう事に。
これで時間を取られた上に、更に私達の前で競技者らしき人たちがチェックインして時間がかかったのに、ちょっとゆっくりお茶してしまったために、長蛇の列になっていた手荷物検査。
「時間が迫っているので先にお願いできませんか?」と係員にお願いするも「やっていない」と断られ、周囲の方に謝って列に割り込ませてもらい、出国審査を終了後、ダッシュで搭乗口へ
(時間には一応、間に合いましたよ)
そういえば、TV「相棒」の撮影が行われていました。何話目に放映されるんだろう?

【ロストバッケージ】
成田→コペンハーゲン→オスロ→トロムソと乗り継いだ飛行機。とある事情によりオスロ→トロムソ間の予定した飛行機に乗れなかった私たち。しかし、荷物だけは先にトロムソへ。
トロムソに到着した時、無事にスーツケースがあったのを見た時はホッとしました。しかし、ホテルに着いてスーツケースの破損に気が付いたのでした(>_<)
これにはおまけがあって、同じルートで来た某旅行会社のツアー2名分が本当にロストバッケージ。さらに私達と逆で、荷物が後からの便になってしまった女性2人組がいました。

【親切なトロムソの人々】
保険の手続きをとるためと、とある事情の後処理のために空にしたスーツケースを持ってトロムソ空港のスカンジナビア航空のカウンターへ
目の前のショッピングセンター正面にバスターミナルがあるから、と教えられましたがちょっと分からなかったので、地元のお兄さんに訪ねると「あそこだよ」と。みると、それらしき場所が確認できたので、行ってみると後ろから呼び止める声が。
「友達の車で送って行ってあげるよ」えっ、と思いましたがご好意に甘える事に。多分、重たいスーツケースを持って大変だと思ってくれたんでしょう。中身は空だと分かると笑ってました。
空港で手続きが終了してハタと!!行きは送ってもらったが、帰りは結局自分たち。さてどうするか、と思ったらシャトルバスが丁度。
乗れるか聞くと「このバスは車庫に戻るから行かないよ」
しかし運転手さんは「ホテルはどこ」「スカンディック」「いいよ、乗りな」
もちろん正規の料金70NOKは払いましたが、休み時間になるのにありがとうございました。

【空港へのシャトルバス】
トロムソ最終日。空港へ向かう送迎が付いていたので、旅行会社からもらった案内を読み「ボードを持った運転手が迎えに来る」と明記されているのを確認。
しかし、これまでの事があるのでフロントにてオプショナルツアー担当の日本人の方にも手伝って頂いて確認するも埒があかず。
朝食後、今度は一人旅で来ている英語が堪能な方に手伝って頂くと、バウチャーには「シャトル」と明記されているではありませんか!!
フライトの時間に合わせたシャトルバスを予約してもらい一見落着。と思いきや、別の時間を予約されていた様で、時間に合わせてフロントに来た私たちを見かけて、フロントの人が慌てて電話を入れてくれました。
旅行会社には帰国後、苦情を言いに行きました(実はこれだけではなかったので)

【コペンハーゲンだよ】
トロムソからコペンハーゲンへ向かう飛行機は、ホテルで教えて頂いたネットでチェックインを済ませておいたのですが、一応、バウチャーを見せて預けました。
すると、係員から「成田」の言葉が!!えっ、違う「コペンハーゲンだよ!!」と思ったのに出て来た言葉は「ストックホルム」あ、あれ?ちょっと動揺中

【パコパコ】
帰りのオスロに着いて機内から下りる時、あれ?何か変。
靴がパコパコいっています。きゃぁ〜靴底がとれかかっています。歩きにくいしパコパコいって注目の的。お土産やのレジにいってテープを借りて応急処置。
トロムソの空港で初めて手荷物検査場で靴を脱がされたのが原因ではないよなぁ〜

【チケットとモニター】
さすがに帰りは乗れないと困るので、コペンハーゲンのホテルでフロントの方に教わりながらネットを繋いでチェックイン。
空港に着いて自動発券機で手順通りに2人分パスポートを通したにも関わらず、友人のチケットが発券されません。とりあえず、カウンターに行ってチケットが発券されなかった事を言って、無事にチェックイン。余裕を持ってコペンハーゲン空港に居たので慌てる事無く搭乗。
日本時間に合わせて睡眠に入ろうとした時、友人のモニターがフリーズ。お互い眠れたから良かった様なものの、結局、友人のモニターは最後までフリーズしたまま。せめて電源OFFで画面が切れればよかったのですが...

【旅行人生最大のトラブル】
いままで、いろいろな所を旅していますが、こんな大きなトラブルは初めてです。
予兆は既に成田からあったのですが.....
成田でチケットを渡された時「オスロ→トロムソ間がまだなので、オスロでチェックインして下さい」と案内図を渡されました。
しかし、オスロ空港で渡された案内図の場所にカウンターはなく、スカンジナビア航空のカウンターでチェックイン。その時に何か説明されたらしいのですが.....
チケットを確認すると座席番号が明記されていません。不思議に思うも搭乗口へ
近くにいた日本人の方に伺うと明記されている上に
「さっき案内でオーバーブッキングしているので、変更してくれる方を探しています」と放送があった事を教えてくれました。えっ、慌てて搭乗カウンターに行くも勝手が分からず、搭乗案内が終わるまで待つ事に。
結局、予定していた便には乗れず2時間後の便で向かう事に。そんな訳で荷物だけ先にトロムソへ向かうはめになりました。
しかし、スカンジナビア航空は良心的で、空港内で飲食に使える150NOK分のチケットと、300ユーロの賠償を頂きました。
とは言え、この300ユーロも曲者。300ユーロといえば3万円以上の金額。税金を取られても3万円くらいと考えて、トロムソ空港で手続きをとったのですが、戻ってきたお金はNOK。換金手数料も取られてため、結局3万円弱に。
考えてみればノルウェーはユーロ圏外。オスロなら首都だったから分からないが、トロムソは地方空港なので、ユーロではなかったのです(でも、説明ではトロムソで手続きして、って言われたから)
このNOKは残しておいても仕方がないので、2回目のオプショナルツアーの代金とお土産へと消えてなくなりました。結局、得したのかな?

そんなこんなトラブルに遭った今回の旅行。多分1人だったらもっと大変だったかも(っていうか、1人だったら行っていなかったと思う)
一緒に行ってくれた友人がいたから心強かったし、何よりジンクスを相殺してくれたと思っている私。
そして、その時々に助けてくれた、トロムソの方々や同じホテルに泊まった日本人の方のお陰で楽しい旅となりました。ありがとうございました。
[PR]
by y_merry | 2013-02-28 22:54 | 旅行