merryの徒然日記

merrydairy.exblog.jp

旅が好き。一眼レフを片手に今日もどこかで....(夢ですね)

ブログトップ

アイスランド紀行 〜レイキャヴィック〜

アイスランドの首都レイキャヴィックへ



首都としては世界最北に位置する。市名は「煙たなびく湾」という意味で、最初の上陸者が近郊の温泉から上る湯煙を炎の煙と見間違えて名づけた地名と言われています。
アイスランドの人口の約60%がここに住み、古くからの水産業を中心として栄えていましたが、近年これからの脱却を計り、新産業への政策に力を入れています。
a0207736_0393659.jpg
レイキャヴィックの高台にあるペルトラン展望台から見た市内
a0207736_0415169.jpg
ホフディ・ハウス
1909年にフランス領事館として建てられたもので、現在はレイキャヴィック市が所有。1986年、アメリカのレーガン大統領とソ連のゴルバチョフ書記長による冷戦終結に向けた会談が行われた事で、現代史の記念碑的建物となりました(中には入れません)
a0207736_0434159.jpg
数年前にできた市民待望のコンサートホール
特に寒くなり、夜が長くなる冬期はこういった施設で過ごすのが楽しみになるらしい
a0207736_0463219.jpg
国会議事堂
なんだかちょっと可愛らしい。左右、2つずつの窓にはコインで紹介した4つの守護神がそれぞれ彫られています(左からドラゴン、鷲、巨人、牛)
a0207736_1111497.jpg

a0207736_050443.jpg

a0207736_051634.jpg
ハットルグリムス教会
プロテスタント系教会で1937年に設計され1945年に着工し、完成は1986年。計画から完成までには41年もの歳月を要しました。
高さは74.5mで、最上階まではエレベーターが通じており、市内を見渡す展望台となっています(630ISK)
a0207736_0551044.jpg

a0207736_0551929.jpg
ドイツ製のパイプオルガン。5千本だったかな?のパイプが使用されているらしい
展望台に上ってみたかったけど(後の自由時間を含めて)ちょっと時間が足らなかった。17時までっていうのも、観光を終えて帰って来る微妙な時間だった

そして午後は、アイスランドに来て楽しみにしていた事の1つです
a0207736_059148.jpg
ブルー・ラグーン
面積は約5,000m²(競泳用50mプール4個分)を誇り、露天温泉としては世界最大。温泉全体を一周するだけで10数分かかるほどの広さであります。深さは場所によってまちまちですが、最深部は1.4mほどあります。
隣接するスヴァルスエインギ地熱発電所が汲み上げた地下熱水の排水を再利用した施設。1970年代後半に地熱発電の副産物として作られ、1987年から温泉浴場として一般公開されるようになりました(水着着用です)
a0207736_124981.jpg

a0207736_13844.jpg
何故かお湯がちょっとしょっぱかった。
温度は38℃前後に調整されていますが、排水されている辺りはちょっと熱いので注意。
うぅ〜ん贅沢、極楽です。のんびり浸かって幸せぇ〜でした
[PR]
Commented by limecafe at 2014-04-15 22:37
国名も都市名も写真も寒そう・・・。
でも、その分温泉がすごく気持ち良さそうですねぇ!
Commented by y_merry at 2014-04-16 18:42
limecafeさま
寒いですが、寒いといっても北海道と同じくらいなので厳しくはないです
これだけ広い温泉で、景色も良かったから最高でした!!
by y_merry | 2014-04-15 00:20 | 旅行 | Comments(2)