merryの徒然日記

merrydairy.exblog.jp

旅が好き。一眼レフを片手に今日もどこかで....(夢ですね)

ブログトップ

恐竜展2016

a0207736_14401962.jpg
上野の国立科学博物館で開催されている「恐竜展2016」
今年は今までの定説を覆す発見がされた恐竜が展示してあるという



a0207736_14411217.jpg
アシリサウルス
恐竜と爬虫類の区別の一つとして骨盤の股関節が貫通しているかしていないかがある。こちらは貫通していないので爬虫類に分類される(爬虫類と恐竜の間と考えられています)
a0207736_14412981.jpg
ヘテロドントサウルス
なんだかピースしているみたいで可愛かった
a0207736_14415162.jpg
チレサウルス
獣脚類(二足歩行)は肉食が普通と考えられていましたが、2015年にチレサウルスは植物を食べるのに適した歯であることが報告されました
2004年南米チリで見つかったこの化石は、なんと当時7歳の子が発見!!地質学者の両親に付いてきて見つけたそうです
a0207736_14421771.jpg
カラマサウルス
手前の約4.6mはおとなと一緒に見つかった子供のものでおとなになると、後ろに描かれてフレームに入りきらないくらいの大きさ23mにもなるそうです
a0207736_14425062.jpg
イー
中国で発見され、中国語で「翼」の意味をもつ
鳥類に近い恐竜ですが羽毛はなく、膜を広げて滑空していたと考えられています。ムササビみたいな感じですね
a0207736_1443997.jpg
その他の滑空恐竜
左上「ミグロラプトル」右上「ジェホロルニス」左下「コンフキウソルニス」右下「イーシャノルニス」
a0207736_14432937.jpg
そしてメイン会場へ
ご存知「ティラノサウルス」です。肉食恐竜最強、といわれるだけであって迫力ありますよね。本物が現れたらそんな事いってられないけど、触ってすりすりしたいくらいです
a0207736_14434954.jpg

a0207736_1444725.jpg
で、こちらが今回、定説を覆した「スピノサウルス」
先のティラノサウルスの骨格標本が大型で約12mに対してこちらは15m。肉食恐竜最大と思われていたティラノサウルスを抜いています
そして肉食=二足歩行とされていますが、研究の結果、四足歩行。しかも水中に適していて泳いでいた可能性もあるとのこと
まだまだ研究途中でこれからいろいろと発見されて来年以降も発表されていくのかな?
a0207736_14443239.jpg

a0207736_14444866.jpg
マウソニア
見た目で分かる様にシーラカンス類と同種で最大級の全身骨格復元
a0207736_1445649.jpg
チンタオサウルス
頭部から伸びる40cmの突起が特徴。この骨格標本、実は福島県広野町の役所ロビーに置かれていましたが、東日本大震災で被災し破損。5年目を前に寄附を募り修復したとの事です
a0207736_14452132.jpg
クリンダドロメウス
ロシア(シベリア)で発見された恐竜で、脚や尾にはウロコがあり、羽毛は部位によって短針状やダウンフェザーなど複雑な形をしていて、枝分かれする前から羽毛が出現していた可能性を示しています。で、その復元が
a0207736_14453679.jpg

a0207736_14455550.jpg
金曜日の夜は20時まで開館。閉館時間ギリギリまで粘るとここまで空きます。ナイトミュージアムの世界です

恐竜展2016は上野の国立科学博物館で6月12日(日)まで開催されています
[PR]
by y_merry | 2016-06-05 15:04 | 催事 | Comments(0)