merryの徒然日記

merrydairy.exblog.jp

旅が好き。一眼レフを片手に今日もどこかで....(夢ですね)

ブログトップ

旧登米高等尋常小学校

a0207736_00221707.jpg
1888年(明治21年)の建築で、国の重要文化財に指定された、木造2階建、素木造、瓦葺屋根造り。東西に長さ41.8mを保ち、両翼に長さ20mを配置した凹型、正面校舎中央1階にはギリシャ風のペディメントを付けた擬洋風建築で吹抜式玄関が突出し2階は吹抜けのバルコニーになっている
1973年(昭和48年)86年間の校舎としての役割を終えるも120年以上も経った今でも寸分の狂いなく現存しています





a0207736_00224076.jpg
歩くと軋む木の廊下はタイムスリップへの道
a0207736_00230168.jpg
こういう教室に懐かしさを感じる方もいるのでは?私?さぁ、どうでしょう?
a0207736_00230703.jpg
a0207736_00223052.jpg
窓のガラスはご覧の通り湾曲していて当時としては大変貴重な板硝子を使用していたため、2011年の震災の際に破損した部分は、海外から輸入して修復したそうです(震災による破損のため、現在は全てが同じガラスではありません)
a0207736_00232021.jpg
a0207736_00255351.jpg
これ、傘立て。必要がないときは写真下の様に畳める様になっていて、思わずこれは便利!!今でもつかえるじゃん!!って思いました
a0207736_00233407.jpg
昔は学年ごとに修了証書を渡されていたらしい
a0207736_00234484.jpg
a0207736_00254591.jpg
a0207736_00253634.jpg
現在「教育資料館」として一般に公開されている(有料)この建物には、明治から昭和までの教科書がずらり。あぁ~これ使ってた、と昔懐かしい教科書がたくさんありました
a0207736_00235278.jpg
入口から一番奥の教室には、かつて現在の登米市と栗原市を結んでいた「仙北鉄道」の駅構内の様子が再現されてました
1918年(大正7年)に登米線が開業し築館線と2線ありましたが、1950年(昭和25年)に築館線が1968年(昭和43年)に登米線が廃止されバスへと転換されました
もちろん、この路線自体は知りませんが、駅舎内を再現したこの景色には覚えがあるのでは?今でもローカル線なんかはこんな感じの場所まだ残ってますよね
a0207736_00235957.jpg
a0207736_00252902.jpg
いやぁ~こういう空間はたまりません!!すっかり友人たち(カメラ仲間)をお待たせしてしまいました
なみに、この裏には現在の登米小学校があり、周辺には旧登米警察署庁舎(警察資料館)や旧水沢県庁(水沢県庁記念館)などといった明治を偲ばせる建物が現存していて「みやぎの明治村」と呼ばれています

[PR]
by y_merry | 2017-03-20 21:30 | 旅行 | Comments(0)