merryの徒然日記

merrydairy.exblog.jp

旅が好き。一眼レフを片手に今日もどこかで....(夢ですね)

ブログトップ

長崎ペンギン水族館

バックヤードツアーを終えて、水族館内を見学




a0207736_23080498.jpg
ペンギン以外でも長崎近海に住む魚達や、今まで行った水族館でも見た事がない魚もいました
a0207736_23083072.jpg
タツノオトシゴかと思ったら、仲間だけど名前が違っていた気がしたが忘れました.....でも好きなんだよねタツノオトシゴ
a0207736_23100020.jpg
a0207736_23094835.jpg
プラー・ブラック
ナマズの仲間で成長すると全長3m、体重300kgにもなりタイのメコン川のみに生息しています。その生態は不明なことが多く、現在、絶滅の危機に瀕しているためワシントン条約で保護されています
初めて見た魚。その大きさと変顔?に思わず釘付け。顔をみればナマズといえばナマズだけど.....
a0207736_23112295.jpg
ずーっとガラス際で見学者とコミュニケーションをとっていた、顎下の黒いラインが特徴の「ヒゲペンギン」
a0207736_23115722.jpg
営巣でもするのか?一生懸命石を加えて持って行こうとしている「ジェッツーペンギン」
a0207736_23111406.jpg
くちばしが長く首から胸元が黄色い羽毛、おっとりとした性格の「キングペンギン」コウテイペンギンに次ぐ2番目に大きいペンギンです
a0207736_23125212.jpg
a0207736_23130199.jpg
ペンギンは寒い地域に生息する亜南極ペンギンと温帯ペンギンとに分かれます。こちら温帯に属する、フンボルトペンギンやケープペンギンは絶滅の危機にさらされて、ワシントン条約により保護されています。本場ケープタウンでケープペンギンを見たのを思い出しました
a0207736_23135122.jpg
a0207736_23140295.jpg
ふれあい広場にてフンボルトペンギンのお散歩です。飼育員さんの誘導に合わせて歩いてくれるのですが.....休憩中は水を掛けてもらっていました

そして、こちらの水族館では新たな試みが
a0207736_23150779.jpg
a0207736_23145838.jpg
全体の7割が長崎生まれのペンギンたちなので野生から保護したのはほとんどいません。そんなペンギンたちが自然に還れるか?
海に面している水族館だからできる事、ペンギンたちを海で泳がせて自然に慣れさせる試みをしています
浜辺に下りるとその様子を間近でみる事ができ、とっても可愛い姿をみる事ができます。もちろん、遠くに泳ぎすぎない様に網で囲ってある様です(ブログに動画をアップする事ができないのが残念。Instにはアップしてありますので興味がある方はy_penguin3で検索してみて下さい)
a0207736_23180569.jpg
今回は知人に車を出してもらって来ましたが、市内からバスで30分程で来られます
市内の歴史的な散策もいいけれど、時間があったら可愛いペンギンたちに会いに行ってみて下さい

[PR]
by y_merry | 2017-09-24 22:04 | 旅行 | Comments(0)