merryの徒然日記

merrydairy.exblog.jp

旅が好き。一眼レフを片手に今日もどこかで....(夢ですね)

ブログトップ

<   2012年 12月 ( 13 )   > この月の画像一覧

ありがとうございました

21日より始まった当クラブの写真展も、昨日、無事に終了致しました。
a0207736_23212090.jpg
年の瀬の押し迫った忙しい時期でしたが、足を運んで下さった方々、応援して下さった方々、この場を借りてお礼を申し上げます。

今年も残すところ、あとわずかとなりました。

今日で仕事納めの方も多いと思います。
私も年末年始休暇に入ります。
と同時に、今年のブログ更新も終了とさせて頂きます。
例によって、12月は多忙を極めたため、何もしておらず部屋の片付けをはじめ、台風襲来に備えての準備です。

今年もいろいろな場所に行って、いろいろな出会いがありました。
来年も変わらず、あちらこちらへ行くかと思いますが、一期一会を大切にしていきたいと思います。

寒い日が続いています。お身体には十分気をつけて、良いお年をお迎え下さい。
(既にひいている私は、悪化させない様に注意しています)
最後になりましたが、今年も1年ブログに訪問して下さってありがとうございました。拙いブログではありますが、来年もよろしくお願い致します。
[PR]
by y_merry | 2012-12-28 23:23 | 雑記

東京イルミネーション'S

銀座以外でもちょっと立ち寄ったイルミネーションをご紹介

More
[PR]
by y_merry | 2012-12-26 00:06 | おでかけ
今年も仕事帰りにちょっと銀座に寄ってイルミネーション撮影

More
[PR]
by y_merry | 2012-12-23 00:24 | おでかけ | Comments(15)
2日目のお昼はちょっと贅沢に!?

More
[PR]
by y_merry | 2012-12-19 12:28 | 旅行

今年も最後に富士山で

冨士浅間神社を後にして、再び河口湖畔へ
向かう車中、外を見ると裾野がハッキリと見え、雲間から富士山が顔を出しはじめていました。

More
[PR]
by y_merry | 2012-12-16 23:36 | 旅行 | Comments(12)

北口本宮 冨士浅間神社

「翌日晴れ」の予報に反して朝は雨模様でしたので、朝日の撮影は断念しさてどうするか?
河口湖周辺には何度か来ているにも係らず、いつも前を通り越していていつかは寄って見たいと思っていた「北口本宮冨士浅間神社」へ
ホテルを出る頃には雨も止み、薄日が射して来ました。

More
[PR]
by y_merry | 2012-12-15 10:40 | 旅行

写真展のお知らせ

ここでちょっと写真展のお知らせです。
私が所属するキヤノンフォトクラブ東横の写真展が12月21日から27日まで下記の通り開催されます。
「自然との共生 共存」と少々難しいテーマですが、思い思いの写真が揃って展示されます。
年の瀬の押し迫った忙しい時とは思いますが、ぜひ見に来て下さい。
a0207736_2335472.jpg

a0207736_2341459.jpg

ただし、すみません、私の仕事の方の目処が付かないので会場にいつ行かれるかまだ分かりません。3連休のどこかでいる様にしたいと思っていますので、ハッキリとしたらまたお知らせしたいと思います。

会期:2012年12月21日(金)〜12月27日(木)
時間:10:00〜18:00
会場:大崎 O(オー)美術館(入場無料です)
http://www.shinagawa-culture.or.jp/hp/menu000000200/hpg000000187.htm
[PR]
by y_merry | 2012-12-11 23:16 | 催事 | Comments(6)

ワインで乾杯!!

a0207736_2314865.jpg
素敵な景色を見て、撮影を頑張った夜はちょっと洒落たワインで乾杯!!

More
[PR]
by y_merry | 2012-12-10 23:21 | 旅行
再びもみじ回廊へ
当初、もみじ祭りに伴うライトアップは前週18日までの予定でしたが、今週まで延期になったとの事。
日中のもみじ回廊を見て、ライトアップに来ない訳にはいきません。

More
[PR]
by y_merry | 2012-12-08 09:32 | 旅行 | Comments(10)

久保田一竹美術館(2)

a0207736_2334829.jpg
こちらが本館になります
【久保田一竹】
1917年神田生まれ。20歳のとき、東京国立博物館で室町時代の「辻が花染め」の小裂に出会いその美に魅了され、独自の『辻が花』研究に心血を注ぐも、召集、敗戦、シベリアへの抑留を経験した後、40歳にしてやっと本格的に『辻が花』の研究に取り組み始めることができました。
しかしその後も失敗の連続で60歳にして初めてひとつの完成を迎え、これを【一竹辻が花】と命名(HPより抜粋)

More
[PR]
by y_merry | 2012-12-07 00:32 | 旅行